依存?

自分で選んできた今までの人生に後悔はありません。

あの頃の私には、そうすることしか出来なかったと知っているからです。 

 

私は【普通】と言われる生活はあまり出来ていません。

 

大きく人生が変わり始めたのは摂食障害を発症してからです。

姉が夏バテで食事を摂れなくなった時期がありまして、

両親はそんな姉をすごく心配していました。

 

『ごはんを食べなければ心配してもらえる』

 

この考えが摂食障害のきっかけでした。

心配して欲しいから、私を見て欲しくて

徐々にごはんを食べなくなっていきました。

食べてもすごく少量です。3~4口くらい。

案の定、両親は私を見てくれたので満足しました。

そしたら今度は食べることが怖くなっていきました。

 

『食べたら見てもらえなくなってしまうんじゃないか』

 

お腹が空いても食べなくなり、やがてお腹も空かなくなり

両親はずっと私を気に掛けてくれました。

 

3ヶ月くらいこんな生活を続けていたら

体力も落ち始め、学校を休む日も出てきました。

学校を休めば一日中気に掛けてもらえます。

 

気に掛けてもらえる時間が増えると

今度は

どこへ行くときも母に着いていこうとしました。

たまに学校へ行っても、あと何時間で母の元へ帰れるか。

そんなことばかり考えていました。

 

きっとこれは母に対して依存をしていたのでしょう。

広告を非表示にする