仕事の辞めたいシーズン そのに

接客業で何が嫌かと言うと、客の横暴さ。

従業員に人権なんてないんだ。

一方的に言われ続けなきゃなんない。

客だから許されてしまう態度の数々。。。

日本の接客業とはそういうものなのだから、仕方がない。

 

可哀想な人なんだ

と割りきればいいよ。

 

なんてアドバイスしてくれる方もいるが

相手をわざと見下したところで、私には罪悪感しか生まれない。

なぜ、見下すことで割りきれるのか不思議に思い

アドバイスをくれた人に聞いてみた。

 

その人は見下すことで相手を許してあげれるらしい。

 

あーーー

私とは違うんだ。嫌気のさすポイントが違うんだ。

私の心は、許す許さないの問題じゃない。

では、何に対して嫌気がさすの?

はい。ここから自己認知タイムです。

どんなときに嫌になるのか。

一方的に言われたとき。でも自分に非があるときは別。

なぜ?

非があるときは申し訳ない気持ちになる。それに、改善すればいいだけのことだから。

なぜ?

改善できれば、もう次は言われなくて済むから自分次第!って思える。

話を戻すけど、一方的に言われたときは何を感じるの?

はぁ?!って思う。自分の都合ばっかり押し付けてくるな!!!ってなる。

それで?

でも接客業だし、相手も私の話に聞く耳ないし...その場は謝らなきゃいけなくて。すごく嫌。 

謝ることが嫌なの?

うーん。謝るっていうか相手の意見を聞いたことにしなきゃいけないのが苦痛。

納得も出来ないのに一方的に相手の意見を受け入れるのが嫌。

なんで嫌なの?

相手の意見を尊重しなきゃで、自分の意見は言えず聞いてもらえずで

一方的に否定されてるような気持ちになる。

 

 

あーーーー。

ここから先は子供時代に遡るので、自己認知は中断。

いやぁ、実に私らしい解答になっていきました。

否定されてると感じてしまうことが辛いんだ。

そりゃ、私ならそうだろうね。辛いよ。

人一倍否定されることには敏感なのに。

振りでもさ、一度受け入れる素振りを見せなきゃなんないんだ。

でも、受け入れる素振りで留まれるようになったのはすごいこと。

 

でもまた否定されたくないから

否定されないためにどうすればいいかは考えちゃうんだよね。

自分を守るために自分の首を締めて...実に悪循環だ。

 

何か方法はないだろうか。

転職か、自分が変わるか。

でも変わるのは相当難しいだろうね。

否定されることへの恐怖心は

恐らく物心つく前からの問題だろうよ。

わりと根本から変えてかないとだぞ。

 

転職か自分が変わるか。

二つの道をこれからは検討していこう