スイッチ

今までも、これからも親の呪いから逃れるために頑張るつもり。

でも、どれだけ頑張ってもね、無理なこともある。

 

刷り込みの基盤の部分。

 

これはどうすることも出来ない。歪んだ基盤は変えられない。

スイッチを入りにくくすることは出来ても

入らないようには出来ない。

深層心理よりも、もっと深いところのお話し。

私という人格を構成している基礎だから。

(0~3歳までの経験が大きく影響するらしい)

 

 

最近入ったスイッチだと...

一方的に否定されて

無価値感が働いて

存在しているだけで迷惑を掛けてる

・私は無価値ではない。マイナスなんだ。

という思いに縛られて、今回はとにかく動いた。

体の限界越えても休まず何かし続けた。

そこまでしてやっと、無価値になれると。

 

 

  • 存在が迷惑
  • 存在価値はマイナス

この2つの思いに縛られるのは今までも度々ある。

でも、普段から縛られてるわけじゃない。

何かのきっかけで思い出すだけ。

いつも通りの優しさに触れて、スイッチは切れる。

 

自分で価値を見出だせれば

もう少しスイッチは入りにくくなるのかな?

今はまだ、周りの人の様子でしか見出だせてない。

だからこそ、人の言葉でスイッチが切り替わる。

一般的には、基盤形成中に無償の愛を受けることで

自己価値を見出だせるようになる。

私は、無償の愛を受けることが出来なかった。

これは、核家族の弊害とも言える。

親が精神的に未熟でも、助けてもらえない。

未熟な親の子育て。そりゃぁ、色々と問題起こるよね笑。

その問題を一生抱えるのは育てられた子供である。

親だって人だから完璧じゃない。仕方ないんだ。

 

親が完璧じゃないってわかったのは少し前の話。

あいつら、自分は完璧だと私に言い聞かせてましたから。。

素直な子供は信じますよ~笑。

 

おっと、話がそれた。

 

 

きっと、自分で価値を見出せるようになるのは難しい。

スイッチが入ってしまうことは諦めよう。

でも、今の彼のおかげでスイッチの切り方がわかってきてる。

スイッチが入っても、切ればいい。

より早く切れるよう頑張っていこ。

今はそれで十分でしょ!

 

 

さて、本日のお休みも休養にあてます。

スイッチが入った翌日お休みだったんだけど

1日休んだだけじゃ回復してなくて

そのあと4連勤で体調崩してヘロヘロです笑

広告を非表示にする