遊ぶことへの罪悪感

最近、またゲームをしなくなってきた。

やりたくないわけじゃない。飽きたわけでもない。

しかし、ゲームはなんとなくだが後回しにしてしまう。

かといって、何かするわけでもない。

お昼寝したり、携帯で検索したりしてだらだらと1日が終わる。

せめてペットらと遊べばいいのに。

休日を有意義に使えなくなってきてしまった。

 

なぜ、やりたいことを後回しにするのか。

なんとなく、まだ早い気がするの。

ゲームを始めてしまったら、そのあと何もしなくなるから。

ゲームの前に他のことをやろう!って。

最初はそれで良かった。

 

『何もできなくなってしまうから後回し』

この考え方が私には向かなかったのかもしれない。

『何もできなくなるから悪いこと』

という考えに刷りかわっていったのだ。

 

私はまだ遊ぶ練習を重ねている段階です。

意識しないと遊ぶ時間は作れません。

それなのに『遊びが悪』に戻ってしまった。。

刷り込みの書き換えは本当に苦労する。。

 

 

遊ぶ時間を意識して気が付いたけど、

私はリラックスしてる時間がほんとにない。

常に緊張状態。常に交感神経が優位である。

その影響だろう。

最近は夜中に何度も目が覚める。 4~5回は目が覚めている。

それでも、寝ている自覚があるのは不眠症を経験したからだろうか。

寝ている自覚があるので

夜中の目覚めによるストレスは自覚がない。

だからまた発覚が遅れた。

 

本日は寝不足による自律神経絶不調日でした。。

頭ガンガンする。。。あと寒気。熱はない。平熱!慢性的な疲労感。

ネット上のストレスチェックをしてみれば...

重度のうつと表示される。。。

え。。軽度だろ!と思うが

まぁたかがネット上のものなので目安です。気休めです。

 

副交感神経が休暇中なので、出勤要請してみよう。

ヒアリングしながら、少しずつね。

強く言い過ぎちゃうと...退職しちゃうかもしれないから笑。